のほほんと暮らしてます♪


by noon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

11月

いよいよ、11月ですね。
今年もまたどんどん過ぎていきます。はえーっ。


今日の朝のことでした。
もうすぐ発車予定の電車に乗ろうとした時の話です。(→いきなり話変わってますが…)

朝ですので、いつものごとく結構混んでいました。
ちょうど、発車を知らせる笛が鳴り
私は急いで他のドアよりも空いているドア口を選んで、声をかけて乗車しました。

私:「すいません」

ドア付近女性:「ごめんなさい」


その女性がどういう意味で’ごめんなさい’って言ったのか
わかりませんでした。


その女性は、丁度ドアが閉まる真ん中のところに立っていたので、
向かって右側に半身分位のスペースがありました。

私は、隣にいながら、どういう意味だったのかな?
『狭くてごめんなさい』、って意味?なんて自分にいいように解釈してました。


すると、次の駅でわかりました。


次の駅でも、2~3人の人が、私の乗っている車両に乗ってくるところでした。


電車ドア開閉音:「プシュ~」

ドア付近女性:「すいません。おなかがあるので…」


乗車しようとした若い男性は、’あっ’と気づいた様子で別のドア口に向かいました。


よく見ると先程の女性は、お腹をおさえていました。
少しふくらんだおなかには、赤ちゃんがいたのですね。


人に押されないように、どこかへぶつけないように
しっかりとその女性はお腹の中の命を守っていました。


気付かなくてごめんなさい。


私が育った田舎町では今日のお母さんのように、
妊婦さんが電車に乗るってことはめったにないけど、
日常のふとした危険な場面から、みんな同じように
きっとこうして守られて生まれてきたのかなーなんて思っちゃいました。

母は強し!
[PR]
by kuukan-ki | 2005-11-01 22:09 | 日記